中田工芸 | アパレルショップ、展示会などの業務用・木製ハンガーメーカー

近年主流のハンガーは?

以前ブログで、最近のハンガーボディのカラーは、ナチュラル志向で
無塗装やグレー系が多いとご紹介したと思います。 カラーだけでなく、
ハンガーの形状も最近変化が出てきました。

IMG_8703
こちらが最近主流のハンガーです。

今までとどこが違うかと言いますと、まずなで肩(肩下がり)な傾向があります。
IMG_8705
(上が今までのハンガー、下がなで肩型)

カジュアルな洋服の場合は特に、洋服にできたシワで独特の立体感が表現できます。
カジュアルウェアはなで肩でナチュラルに見せる傾向が強いです。

 

IMG_8704

もう一つは、首回りが薄い形状は多くなっております。

IMG_8706
特に女性らしいラインを表現する場合は、洋服に掛けた時に見えるハンガーは 薄く、
華奢感を強調することが可能ですので、よりかわいく・美しくディスプレイ することが
可能です。
洋服のパターンの変化、リアル店舗のMDの変化によってハンガーも変化しています。

掛けるだけの用途のハンガーですが、中田工芸では商品をより良く魅せるために様々な
部分にこだわり、最適なハンガーをご提案いたします。

inq

Posted under ハンガーについて,会社のこと,未分類 タグ:
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

木製ハンガーの材料

中田工芸では木製ハンガーの材料にブナ材を使っています。

他の材料を使うこともありますが、全体の90%位がブナです。

 

30メートル位の高さまで育つ落葉広葉樹。別名ビーチ。

ブナといえば世界遺産に登録されている白神山地のブナ原生林が有名ですね。

個人的に一度は訪れてみたい場所のひとつです。

245425_s

 

木製ハンガーの材料にブナを使う理由は

・木目が細かくつるつるすべすべしている。
→ 衣類に優しい。
・硬くないので加工し易いが、非常に粘り強く、丈夫。
→ 耐久性・様々な形状の実現。
・曲げ木に最適な木質。
→ 美しい曲線。

といったかんじでハンガーと相性がいいんです^^

 

使用しているブナはヨーロッパ産(ドイツ、クロアチア、ボスニア等)です。

ヨーロッパでは「持続可能な森林管理」の概念があり、計画的に植林から伐採を行っています。

実は植林だけでは森林には良くないのです。

なぜなら木が多すぎると、日光が十分に入らず、苗木や他の植物が育ちにくくなるから。

「持続可能な森林管理」には伐採も必要なのです。

そんな木材を使って、中田工芸は日々ハンガーを作っています。

 

Posted under 会社のこと,環境
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

ハンガー製作の頼み方

”ハンガーを作りたいんだけど、どうやってお願いしたらいいんだろう?”

と、悩まれたことはございませんか?

 

弊社の場合、2つの窓口があります。それぞれの特徴を説明したいと思います。

 

①オンラインストア 

IMG_4328

下記のような方におすすめです。

”ハンガーはシンプルなデザインのものがいい”

”近いうちに展示会があり、ハンガーが至急必要”

 

【特徴】

・定番型ハンガーを販売。汎用性が高いシンプルなデザインのハンガーを取り揃えています。

・カラーは人気のナチュラル、モノクロ、ブラウンを中心に展開。

・ネットで注文をしたらあとは商品が届くのを待つだけ。

 

 

②問合せフォーム ※一番下にリンクが張ってあります

下記のような方におすすめです。

”ブランドイメージに合ったオリジナルのハンガーを作りたい”

”店舗の内装と統一感があるハンガーを作りたい”

”ハンガーにロゴを入れたい”

 

【特徴】

・オリジナルハンガーの製作が可能。

 (木部形状、塗装カラー、金具形状、金具メッキ、ロゴ入れなどのカスタマイズが可能)

・担当の営業がご案内いたします。

・弊社ショールームにてサンプルをご覧いただきながらお打合せが可能。※訪問も可能です。

・ハンガーサンプルのお貸し出しも行っています。

IMG_1395

 

皆様からのお問合せをお待ちしております。

 

 

お問合せはこちら

 

Posted under お客様のこと,ハンガーについて,会社のこと
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

個性があるハンガー

今回は個性がある=木目にくせがあるハンガーについて書こうと思います。

 

木材には木目がきれいな部分もあれば、節があり木目にくせがある(黒っぽい木目がある)部分もあります。

一般的に販売されている木製家具・ハンガーは木目がきれいな部分を使って製作していることが多いです。

みなさんも節があり、木目にくせがある木製家具やハンガーはあまり見たことがないのではないでしょうか?

 

実は中田工芸ではハンガーを製作する際に、木目がきれいな部分だけを材料としているだけではなく、

木目にくせがある木材も使ってハンガーを作り有効活用しています。

木目にくせがあるからといって廃棄するのはもったいないですし、資源を大切にしたいですよね。

IMG_4326

 

どういう風に有効活用しているかというと、

木目を消すベタ塗りという塗装方法をする時にその木目にくせがあるハンガーを使っています。

木目にくせがあっても機能面に差はありませんし、木目が隠れればどんな見た目のものを下地に使ってようが変わりません。

材料を無駄なく使いいい製品に仕上げることはメーカーだからこそできることの一つと考えています。

 

最近は木目にくせがあるハンガーをあえて塗装せずに

店舗用ハンガーとして使いたいというアパレル様もいらっしゃいます。

ブランドイメージの表現方法の一つとして取り入れていただいています。

これまで使い道が限られていたハンガーが、別のかたちで使われていることに生みの親のメーカーとしてとても嬉しく思います。

 

 

 

 

 

Posted under ハンガーについて,会社のこと,環境
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

2021年インターンシップ

6月9日(水)~6月11日(金)の3日間、インターンシップとして大学生の方に来ていただきました。

この3日間で工場や事務所を見てどんな仕事をしているのか考えていただいたり実際に体験していただきました。

今回は1人だったのですが、学生1人で会社の中に飛び込むというのはとても緊張しますよね。。

ですが、とても堂々としていて素敵な学生さんでした!

 

この3日間で私達も様々なことを考えました。

どうすれば分かりやすいように伝えることができるのか、まず自分たちはどのような仕事をしているのだろうかなど、自分の仕事を見つめ直すいい機会となりました。

学生の方だけでなく私達も忘れられないインターンシップになったのではないかと思います。

 

インターン1

インターン2

インターン3

 

 

Posted under 会社のこと
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx
1 2 3 34

PAGE TOP