中田工芸 | アパレルショップ、展示会などの業務用・木製ハンガーメーカー

プラスチックスマートへの賛同(紙ハンガー)

プラスチックハンガーの削減を目的とした再生紙100%の紙ハンガーの販売を始めました。

不要であれば燃えるゴミで償却でき、なによりも紙ですのでサスティナブルなハンガーです。

流通用からディスプレイ用と使用用途は様々です。

現在厚みは2㎜~8㎜まで対応可能です。

形状は紙ならではの様々な形で生産できます。

WS000001

また、プラスチックスマートというプラスチック削減の活動へ賛同しました。

http://plastics-smart.env.go.jp/case/?id=2137

店舗へいらっしゃるお客様へもエコなハンガーということを伝えたいということであれば、

ハンガー本体へ「プラスチックスマートのマーク」や「再生紙100%のマーク」を入れることも可能です。

 

right_R100

 

Plastics_Smart_Logo (5)

 

一人ひとりの細かな動きでプラスチックの使用を少しでも減らしましょう。

地球のことを考えたエコでエシカルサスティナブルな紙ハンガーを。

 

 

Posted under 未分類 タグ: , , , , , , ,
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

オーダーできます。ハンガーカバー!

ハンガーカバーは持ち込み生地でも作成できるんです。

 

47B7C00E-9615-4552-95CD-7A584EBFCC74

洋服に合わせた生地や、ショップのテーマカラーの生地を使ったりとアイデア次第でステキなハンガーカバーが出来上がります。

ハンガーのサイズにより使用する生地のサイズが変わりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

55B7A69C-E34A-4D00-9F2C-0252A5462471

 

また、中田工芸ハンガーに合わせた定番のハンガーカバーが、オンラインショップにて販売開始となりました。

こちらも是非、ご覧下さい。

http://nakatakogei.shop-pro.jp/?pid=148251574&_ga=2.75490514.1320920014.1582428856-1744034880.1561778453

WS000000

 

 

 

 

ロゴ入れ無料キャンペーン開催中!(2/20~3/19まで)

http://nakatakogei.shop-pro.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2582799

 

Posted under 未分類 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

脱プラスチックについて

「脱プラスチックについて」

2346cfca24e836cc110e3bf00e84992e_t

 

ザ・キャピトルホテル 東急様が2019年1月16日(水)から「木材ストロー」を利用されています。

最近では、アパレル業界からの参入も多いホテル。

業界に分け隔てなく、サスティナブルな活動は一つのトレンドになっています。

 


 

「ハンガーは昔から木製」

プラスチックの環境問題をきっかけに、世間ではプラスチックの代替品に新しい市場価値を見出しています。主に木、紙、鉄などを新しい技術によって、プラスチックよりも高い付加価値を持たせ、進化させています。

脱プラスチック。

中田工芸も環境対策に何か貢献できることはないだろうか。

 

 

・・・ん?

「そもそもハンガーって昔から木製じゃん?」

 

一般家庭では、クリーニングの時についてくる、あの黒いプラスチックハンガーをそのまま使用しているせいなのか、ハンガー=プラスチック的な印象があります。しかし、アパレル業界もホテル業界も利用しているのは、昔から木製ハンガーです。

 

「木製ハンガーをご利用の皆様。ご安心ください。

 もう十分にエコな活動をしていますよ!」

「そうか。(中田工芸は)今まで通り木製ハンガーを世の中に供給し続ければいいんじゃないか!」

 

プラスチックの環境問題をきっかけに我々もまた一つ大きな使命を担った気がします。

※アパレル業界、ホテル業界御用達の木製ハンガーはこちらから

IMGP0014


 

「木材はサイクルさせなければエコじゃない」

森林伐採とは、過去の話。現在では、木材のサイクルを意識した取り組みが世界中で行われています。

なぜ、サイクルさせなければいけないのか。

とても分かりやすい説明をしているサイトがありましたのでご紹介します。

「政府広報オンライン~木材を使用して元気な森を取り戻そう!~」

森林は、人の手によって育まれる。一生懸命育んだ木々をただ廃棄してしまうのではなく、利用することですべてが活かされるということですね。

f1111a1c92e39c381dc4c3fd82e57789_t

 

木材の可能性はこのようなサイクルを通して無限に活用されていきます。

中田工芸のチャレンジはまだまだ続きますよ!

皆様の様々なご意見をお聞かせください。

inq

Posted under お客様のこと,ホテル・旅館,メディア掲載情報,会社のこと タグ: , , , , , , , , ,
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

サスティナブルハンガーⅠ~木製ハンガーの可能性~

こんにちは、岡坂です!

最近、少し気温が下がり、秋を感じ始めました。

中田工芸の本社がある兵庫県(但馬地方)は自然に溢れています。

9e7f63921010abf831b47389ca1b4b2b_t

※写真はイメージです(笑)

そんな自然にもっと触れたくて、このお盆休みに自宅にウッドデッキをDIYしました。

構想から1年…やっと完成です!

Dk3vZJ2UUAAJq2a

※写真はリアルです(笑)

1年間もかかった理由は、木材をどうするかです。

ハードウッド(ウリン、イペなど)、ソフトウッド(SPF材、レッドシダー)、人工木

コスト:ハードウッド>人工木>ソフトウッド

耐久性:ハードウッド≒人工木>ソフトウッド

結果的に、初めてのウッドデッキという事とコスト面からSPF材に塗装することにしました。

やっぱり木がいいです!!

 

ところで、人工木って聞き慣れないですよね?

簡単にいうと木粉を混ぜた樹脂材です。ですので少し木の雰囲気があります。

また、一般にエコロジーだと言われています

しかし、樹脂はリサイクル出来ません

つまり、不要になったら不燃ごみになってしまいます。エコ??

疑問が残りますね。

 

次回は、天然木のエコロジーについて記事にいたします。

では。

tel

 

 

Posted under 未分類 タグ: , , , ,
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

PAGE TOP