中田工芸 | アパレルショップ、展示会などの業務用・木製ハンガーメーカー

定番のジャケットハンガー

アパレルショップでのご利用率NO1のジャケットハンガーのご紹介です。

 

BS-01 (丸頭)

IMG-8790

IMG-8791

肩の厚みは40ミリ。フック付け根の木部面が丸頭になっている分、やさしい印象となります。
前に湾曲しているのでジャケットにぴったりフィット。

 

BS-15(平頭)

IMG-8789

IMG-8792

フック付け根の木部面が平頭になっている分、クールな印象となります。 前に湾曲しているのでジャケットにぴったりフィット。

 

どちらも肩先の厚みは40㎜です。

肩幅は420㎜と380㎜をご用意しております。

※その他サイズをご希望の場合お問い合わせください。

IMG-8788

 

ハンガーの頭の形で全く違う印象のハンガーになります。

メンズ用はBS-15。レディス用はBS-01と使い分けるのもおすすめです。

 

お気軽にご相談くださいませ。

IMG-8795

Posted under PRT-ナチュラルシリーズ,ハンガーについて タグ: , , , , , , , , ,
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

コンパクトな折りたたみハンガー

新商品のご紹介です。

コンパクトな折りたたみハンガーです。

こちらは店舗用にもノベルティ用にも持ってこいな商品です。

折りたたみハンガー1

折りたたんだ時の幅は340㎜、厚みはわずか15㎜です。(下記画像参照)

かなりコンパクトです!

旅行へ行く際にキャリーケースに忍ばせたり、移動の多いスタイリスト様になんかもいいかもしれないですね。

折りたたみハンガー2

折りたたみハンガー3

素材は環境に優しいファイバー紙を利用しております。

このファイバー紙は古紙とフレッシュパルプを主原料とした素材です。

強度のある紙だと思ってください。

シルク印刷などオリジナルロゴを入れることも可能です。

ぜひ一度お問い合わせください。

 

inq

 

#ハンガー #折りたたみハンガー #折り畳みハンガー #コンパクトハンガー #ノベルティ #ノベルティハンガー #衣装用ハンガー #持ち運び #持ち運び用ハンガー #サステナブル #サスティナブル #エコ素材

Posted under オリジナルハンガー,ノベルティ,環境
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

ハンガーの役割

当社のハンガーには、大きく分けて2種類あります。

・業務用ハンガー

IMG_5739

・NAKATA HANGERで代表される、家庭用ハンガー

WS000000

そもそも役割が異なります。

業務用:商品(洋服)を良く魅せること
家庭用:洋服を型崩れなく保管すること

用途は異なりますが、洋服が美しい状態とは、余計な負荷がかからず自然な状態が
ベストですので、用途は違っても結果はどちらも同じかもしれません。

アパレルショップでは、店頭におけるVMD計画立案がありますが、
洋服をより魅力的に演出するための重要なアイテムが業務用ハンガーです。
洋服の種類に合わせたハンガーの形状について下記のページで紹介しています。
http://www.hanger.co.jp/co/co_fe08.php

 

inq

Posted under ハンガーについて,未分類 タグ:
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

ロゴ入れの種類③

前回に続きロゴ入れの種類を紹介します。

今回は第三弾として焼印の特徴を書いていきます。

IMG_4517

 

【焼印】

高温に熱した、真鍮の版を用いて、木部を焦がして印字する方法。

1950-60年代のアンティークハンガーによく印字された方法です。

 

〇 高級感のあるデボス加工(凹状)が表現できる

〇 焼印特有の味のある風合い

〇 今流行りの無塗装仕上げのハンガーと相性がいい

△ ロゴの細かい箇所は文字潰れが発生する可能性がある

△ 版代が高め

△ 違う種類のハンガーに版の使いまわしができない 

※真鍮の版を使います。ハンガーのロゴを入れる面のアールが異なる場合はその分だけ版の数が必要になります。

IMG_4513

 

これからハンガー購入を検討しているお客様に参考になってもらえたら幸いです。

 

Posted under ハンガーについて
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx

ハンガーの顔

沢山のハンガーを毎日のように見ていると、様々なハンガーの
顔があることに気づきます。

IMG_8749 (1)

平らなもの、膨らんでいるもの、凹んでいるもの。

ラグジュアリーな海外ブランドや、高級テーラーショップでまれに使われているものが
画像中心の顔部分が凹んでいるものです。
この凹んだデザインを「トレンチ型」(溝・掘り)と当社では呼んでいます。

なぜこのようなデザインになっているのでしょうか。
もちろん、洋服が掛かってしまうとハンガーは顔部分しか見えないため、見える
部分のデザインにこだわり高級感を演出する役割もありますが、一番は洋服にとって
最適な形状だからです。(特にスーツ・ジャケット類)

IMG_8750
通常のジャケットハンガーに掛ける、肩先にかけては問題ないのですが、
画像のように襟元に空間ができるため、余計なストレスがかかり襟元にハンガー
の跡が残る場合があります。

 

IMG_8751

一方トレンチ型だと、その空間が埋まり襟元をしっかりと支えることができる
ため襟元部分を美しく保つことが可能です。

 

IMG_8753

そのような効果がでる理由は、顔部分を凹ましているというよりも、顔の両サイドを
持ち上げている表現が正しいです。上から見ると顔部分に向かってこのようなカーブ
を描いているハンガーは、洋服にとっても良い影響を与えます。

幅、肩先の厚み以外にもこだわったハンガーは顔を見れば分かりますね。

 

inq

Posted under オリジナルハンガー,ハンガーについて タグ:
中田工芸へのお問い合わせフォームへxx
1 2 3 118

PAGE TOP